ジュリアの手

 必ず、私のどこかしらに触れてくるジュリア・・・得意げ